ブログ

相続税の改正により被相続人が約2倍に増加

相続対策

相続税の改正により被相続人が約2倍に増加

~平成27年分の相続税の申告状況について~

浜松市の税理士の藤原です。

相続税が改正され平成27年より基礎控除が4割削減されるという大きな改正がありました。

基礎控除が大幅に引き下げられたことによって、被相続人の方が増加することはもちろんのこと相続税額の増加も予想されておりました。

先日国税庁より「平成27年分の相続税の申告状況について」が公表されておりましたが、そちらの内容を見ておりますと申告書が提出された被相続人(亡くなられた方)の数が前年対比で183.2%増加と約2倍も増えているなど、やはりその影響はとても大きかったと思います。

平成27年分の相続税の申告状況

相続税の申告状況

死亡者数の推移


上記図ではまず、①の死亡者全体の数は前年対比で1.4%しか増加しておりません

亡くなられた方のうち相続税の申告書の提出が必要な方の推移


しかし、②の欄では亡くなられた方のうち相続税の申告書の提出が必要な方は約4.6万人増加しており、前年対比で183.2%もの増加となっています。

課税割合の推移


次に③の課税割合ですが8%と大幅な伸びとなっています。 この課税割合は亡くなった方のうち相続税の申告が必要だった方の割合ですので、100人亡くなられたうち8人が相続税の申告が必要となったわけです。

相続人の方も約10万の推移


当然、課税割合も増加しておりますので、相続人の方も約10万に増えて前年対比で175.2%もの伸びとなっています。

最後に

基礎控除が「3,000万円+600万円×相続人の数」となりましたので、相続対策はより一層必要となっております。

まずは財産評価などによって相続税の申告が発生しそうか否かの判断が必要になっております。 対策はお早めに

相続・贈与のご相談は浜松市の会計事務所 藤原税理士事務所までお気軽にお問合せ下さい。

ご質問がある方、相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。  お問合せ

<↓駆け出しの税理士にクリックいただければ幸いです。↓>


税理士 ブログランキングへ   

関連記事